保護猫日和
#223
2023/1/14

こんにちは!
営業の山田です('ω')ノ

遅くなりましたが2023年、一回目の保護猫日和の更新となります。


年明けのバタバタ感も落ち着いてきまして、
猫達とのいつも通りの日常が戻ってきました('ω')ノ

猫達と生活しているせいか、
もともと皮肉tぽい性格のせいなのか、
年末の挨拶あるあるの干支かけ挨拶を素直に、
受け入れられない自分がいます(;^ω^)

兎年とかけて飛躍……

そんなに兎って飛び跳ねないし💦
どちかっていうと地べたに丸くなってるような気が…(-_-メ)

そもそも不動産業者なんだから、
飛躍っていうよりも地に足のついた仕事しないといけないような(-_-メ)


何てことを思っちゃいます(;^ω^)


十二支でもない猫達にしたらどうでも良いって話なんでしょうね(;^ω^)


来年こそは!!…とか、
飛躍できる年に!!…とか、

そんな熱っぽい言葉が私は苦手です。

飛び跳ねた後に飛び跳ねる事はありません。

着地するか……
すっころぶかのどちらかが先です。


大事なのは継続性です。
最近よく見にする持続可能な…的な考えが大事です。

言い方を変えると、
一過性化しない事とも言えます。

一過性化しないで継続性を重視して考えると、
飛躍し続けるってなんか無理があるように感じます(;^ω^)

兎も飛躍的意志をもって飛び跳ね続けてるわけじゃなく、
四肢の構造的の飛び跳ねて移動してるのように感じます。

そう考えるとやっぱり実現可能性やら継続性って大事ですよね('ω')ノ

猫が好きだからって私個人で100匹の猫を保護するのには、
継続性で考えても難しいでしょうし、
実現可能性で考えても無理があります(-_-メ)

私は不動産業者でもあるので、
今年も地べたをはいずるようにとまでは言いませんが、
地に足をつけた仕事をしていこうと考えております('ω')ノ

記 久留米店 山田竜嗣

前回の記事はこちらをクリック!!