思い込み正論('Д')
2022/9/9

こんにちは!
営業の山田です('ω')ノ

知り合いってかSNSのフォロワーさんから、
不動産トラブル相談を受けてまして(;^ω^)

解決へ向ってるっとの連絡を受け、
ホッとしております。

ツールや情報が溢れている現代で、
人の役に立つって難しくなっていると今回の件で感じました('Д')

トラブルの仲裁的などで大事な事の一つが、
正論が必ずしも解決の近道ではないってことです。

正論≠社会の正解

例えば押印ルールは無くすべき!!
↑これは正論です。

ですが押印ルールは無くなりません。

これが社会の正解です。

徐々に減少に向かうでしょうが、
一個人がギャーギャーわめいたとこで社会は変わりません。




会社のような組織でも同じような事があります。

私が昔勤めていた量販店で、
商品回転率は60日回転!!
月一商品撲滅!!

量販店なのに(;^ω^)💦


同じように以前勤めていた不動産会社で、
不動産回転率は90日回転!!

……(-_-メ)💦


両社その後はご想像にお任せいたします。


ネット辞書で正論を調べると、
「……すべき」のような内容が多く、
思想や思い込みの押し付けになるケースが多いそうです。

どんな集団でもあることでしょうが、
正論を唱えることは悪い事ではないのですが、
論じてる内容の実現可能責任を押し付けられる事があります。


「魔法が使えたら人生幸せ!!!
みんな魔法習得を目指せ!!」

そんな正論を唱えた事で大多数は魔法習得できませんww
そも結果を受け、

「魔法が使えないのは皆が悪いさんて
習得できる方法を述べよ!!」

こんな感じで、実現可能責任を押し付けられる事があります。

ファンタジーの押し付け💦

↑の例えは少々極端ですが、
自己の正論が社会の正しいとは限りません。

そして正論と思い込んでいるほとんどの事は、
正確に言語化すると自己の認識論であるんではないでしょうかね('ω')ノ

流れを文章化すると、
「正論と思い込んでいる自己の認識論を押し付け、
実現しない責任を押し付けている。」

こんな感じでしょうかね。

記 久留米店 山田竜嗣

前回の記事はこちらをクリック!!