猫猫ポエム
#6
2022/7/10

こんにちは!
営業の山田です。

毎日たくさんのニュースを見聞きします。
世の中は
動けど、
猫達…
そして私たちの日常は変わらず続いていきます。


ぽえむっぽい前置き通り、
今日は猫猫ポエムの更新となります。



↑の写真と関係はありませんが、
人の感情の動きが事業化している現代において、
私のような営業の役割も人の感情操作のように思えてきます。

意識へのアプローチが私たち営業職の仕事なんでしょうか…

↑の写真と関係はありませんが、
営業職の役割が顧客の意識へのアプローチだとすると、
個性を削るようなルールはマイナス効果なんでしょうか…

あれが良くなると、
  こっちが悪くなる…
あっちに効果が出ると、
 こっちに弊害が…


↑の写真と関係はありませんが、
独自ルールの良し悪しを考えると蟠りがおきます。

だから黙っておくのがベター…
黙認がベター…
奇をてらった感があっても黙認…

弊害おきたポジションの人らが我慢する…
それがベター…

↑の写真と関係はありませんが、
そんなポエムっぽい感をだしながらも、
私の性格なのか…
皮肉寄りな内容になっちゃいます💦

皮肉ついでに、
ルールの起源的なものを考えてみます。

ルールが出来る…
その前に何が起きたのか?

問題が起きたのか?
画期的な仕組みが開発されのか?
発起人の思い付きか?
それともポジションバトルの産物か?

ルールの良し悪し判断の前に、
その起源について考えるべきなんだと思っちゃいます。


記 久留米店 山田竜嗣

前回の記事はこちらをクリック!