猫猫哲学 #39
声や音
2022/5/12

こんにちは!
営業の山田です('ω')ノ

今日は猫猫哲学の更新です。

猫たちから学ぶ、猫猫哲学!

今日は音や鳴き声について考えていきます('ω')ノ

==========
 音、鳴き声の作用
==========


猫の鳴き声といえば、
にゃ~~~~wwwですかね🐈

この鳴き声ですが、
多くの人が反応する音ではないでしょうか?

路地裏で、
「にゃ~~~」って鳴き声を耳にすると、
野良ネコちゃんがいるんじゃないか?って反応します。


そんな感じで猫の鳴き声には人の感情を動かす作用があります。

============
  鳴き声の主との関係性
============

「にゃ~~~」に反応するって言っても、
「にゃ~~~」も感覚とかで分けるとただの音です。

野良猫の「にゃ~~~」もあれば、
動画サイト上の猫も「にゃ~~」もあり、
伴侶動物の「にゃ~~~」もあります。

上記の鳴き声は同じ鳴き声だとしても、
聞き手に与える効果は同じではありません。

ということは、
鳴き声の発信者と鳴き声の受信者との関係性で、
効果が変わるといえます('ω')ノ


=========
  誰が鳴いたか?
=========

我が家の猫でよく鳴く子はダクテンとクロタンです。

2匹とも状況や機嫌に関係なくよく鳴きますww

ごはんが欲しいのか?
なでなでして欲しいのか?

とにかくよく鳴きます(-ω-)/

そんな猫たちの鳴き声は私にとっては目覚まし代わりです。


超低血圧な私(↑が90前後💦)にとって、
早起きがかなりパワーを要します(˘ω˘)

しかし猫たちがにゃーにゃーないていると、
眠たいけど餌をあげなくちゃ💤
眠たいけどトイレをきれいにしなくちゃ💤
眠たいけど水をけなくちゃ💤

そんな事を考えてふらふらと起きます💦

この効果ですが、
録音されている猫の鳴き声では効果は見込めません。


飼い猫が鳴いているからこその効果といえます(-ω-)/

=========
 誰が言ったか?
=========

言ったけどしてくれない💢
伝えたのに守ってくれない💢

これは受けても悪いのでしょうが、
発信者にも問題があると思います。

人を動かすとなると、
何を発したかよりも誰が発したかが大事だと思います。

私は一応ってかちゃんと久留米店の責任者をしています。

久留米店のスタッフは不動産仲介業を生業としております。

みんなは人を動かす事が如何に大変かを知っています。

その大変さを知ってる人を動かすのは、ほんに大変です(-_-メ)

言ってるのに動いてくれない💦
伝えるのに聞いてくれない💦

その場合、受信者が悪い💢って決めつけるのではなく、
それは発信者と受信者の関係…
発信者の発信に対する姿勢…
これらかが欠落してる場合もあるのではなでしょうか(-ω-)/

特にトークアプリの普及で、
ぺらぺらな発信姿勢がパターンが増えているように感じますww

記 久留米店 山田竜嗣

前回の記事はこちらをクリック!!