営業ぱたーん('ω')ノ
2021/12/6

こんにちは!
営業の山田です('ω')ノ

今日は営業職についてのお話なんで、
変な前置き無しでお送りいたします('ω')ノ

営業は営業でも営業職についてのお話です。



当然の話ですが営業にもいろんなタイプの営業形態があります。


継続取引の営業か…
一時取引の営業か…

個人向けサービスの営業か…
法人向けサービスの営業か…


考えながら入稿してるので、いきなり答えを投稿しちゃいました(;^ω^)

修正が面倒なんで進めちゃいますww

↑の4分類を分かりやすい様に数字とアルファベットをで分けてみます。

①継続取引の営業か…
②一時取引の営業か…

Ⓐ個人向けサービスの営業か…
Ⓑ法人向けサービスの営業か…

これの組み合わせで、営業の形態別で分けて考える事ができます。


マンションを自己居住用として販売する営業は、
②Ⓐ('ω')ノ

マンションを投資商品として法人に販売する営業は、
①Ⓑ

量販店に安定仕入れをしてもらう営業は、
①Ⓑ

こんな感じで活動面で考えると、
2×2で4パターンに分けることができます('ω')ノ

居住用マンションの販売に特化してたら、②Ⓐで1パターン。
ビルダーさんに土地紹介に特化してたら、①Ⓑで1パターン。






==============
 武器は沢山あった方が('ω')ノ
==============

手段の質がどれだけ高くても、需要が無ければ必要とされません。

ウェポンは多い方が良いですし、
スキルも多い方が良いですよね('ω')ノ

前項に手法パターンが固定化すると、
ウェポンも固定化しちゃいます(-"-)
スキルも固定化…(-"-)
!!

なんでもかんでもやればってのも考え様ですが、
パターンが重ならない手段を身に着けておけば、
外部要因などで一方の需要がなくなっても、もう一方で戦うことができます。

何をやるかで考えがちですが、
どういう手法をやるか?って考えも大事ですよね('ω')ノ

記 久留米店 山田竜嗣

前回の記事はこちらをクリック!!