中古住宅があーだこーだ…
2021/5/7

こんにちは!

連休明けの忙しさと疲れで、連休いるなぁ~と感じる営業の山田です('Д')
連休からの多忙…
多忙からの連休…

見事な永久機関(-_-メ)

適度に休んで適度に働くのが理想なんですけどね💦


休み癖をなくすために今日は真面目な内容を投稿いたします('ω')ノ
珍しく不動産業についてのお話です!

===========
 数多の中古住宅議論
===========

中古住宅に関する記事は不動産系ニュースや、
なんか専門家っぽい人が様々な切り口で投稿されてます。

検索すれば様々な記事がヒットします。

中古か新築か!?
マンション買うか借りるか!?
中古住宅を徹底解説?

ちゃんとした記事もあれば、
そりゃ偏ってんよwwwって記事まで多種多様です。
私の感覚値ですが、賛否系記事が目につきます。

実際のウェブ投稿の仕組み上も、賛否両論が起きる記事が多くなるように思えます。

「記事を見てもらう」事が投稿者とサービス提供者の目的ですからね('ω')ノ

そんな賛否両論…('Д')
ちゃんとした賛否両論ならまだ分かりますが、
中には不毛な賛否両論も目にします。

なぜ、そうなるんでしょう(-_-メ)






========
 ビッグワード…
========

原因の一つっていうか究極的な原因に「中古住宅」って言葉自体に問題があります。

中古住宅自体がビッグワードなんですよね('ω')ノ

築10年で5000万円超のマンションでも、
中古マンション…
築35年超で500万円のマンションでも、
中古マンション…

大手ハウスメーカー施工の4000万円超の戸建てでも、
中古住宅…
劣悪スペックな一戸建てでも、
中古住宅…

定義が曖昧なんですよね💦
意思疎通に適していない言葉であーだこーだ専門的な事いっちゃうから賛否両論がおきちゃいます(-_-メ)


========
 認識がズレる
========

ビッグワードで議論すると意思疎通に弊害が起きがちです。

百人百様…
みんなそれぞれ認識が違います。

福岡市中心部が生活圏の方の中古住宅と、
久留米市郊外が生活圏の中古住宅は任市区が違います('ω')ノ
立地環境による認識のズレですね('ω')ノ

年収1,000万円世帯の中古住宅と、
年収300万円世帯の中古住宅も違います('ω')ノ
収入による認識のズレ('ω')ノ

その他にも文化的な認識のズレ、

百人の方に一斉に、「中古住宅とは…💢」と発しても、
百パターンの中古住宅があるも言えます('ω')ノ

広義を意味する言葉を多用したり、議題の主軸に置くと賛否両論が起きやすくなります。
賛否両論ってことは、意思疎通も難しくなります。

不動産業でも、売買がぁ~賃貸がぁ~管理がぁ~とよく耳にします。

売買だけでも20通り以上のパターンが(もっと細分化するとあります('ω')ノ)あります。

なかなか答えが出ない(-_-メ)
議論が分かれる時、また分かれてる時は定義自体がビッグワードかどうか?
前提を疑って考えてみると適切な判断ができると思います('ω')ノ

そもそも住まいについて、
是々非々論で考える事自体が不毛に思えますww


記 久留米店 山田竜嗣

前回の記事はこちらをクリック!!