酷吏と循吏('ω')ノ
2021/3/7

こんにちは!
レンちゃんの日々の介護で、
猫に薬を飲ませる能力が覚醒しつつある、
営業の山田です('ω')ノ

齢40にして覚醒www

レンちゃんの薬を吐き出す能力…
私の猫に薬を飲ませる能力…
比例するかのようにお互い成長してます('ω')ノ

結果はイタチごっこww

せんどーvsいっぽ戦で言う、
ミックスアップ!!


さてさて、
くだららぬ前置きは置いといて、
今日のJR久留米駅前再開発工事の状況からご覧ください('ω')ノ

旧久留米駅前駐輪場はほぼ解体が完了したようです!

それでは本題へ('ω')ノ

最近、大人しめの内容が多かったので、
今日はエッジ強めの内容で攻めていきますwww


=======
 呂壱事件
=======

↑のタイトルでオッ( ゜Д゜)!
ってなった方はオチまで見えてるかと思います。

三国志…
それも呉国後期のお話です('ω')ノ

歴史の話なので、かなりはしょってお話します。

三国のうちの一つ…
呉…

その国の官吏である呂壱さん

かなり気性が荒いタイプだったそうです。

法をを理由に、気に食わない人を過剰に摘発していきます('Д')

重箱の隅的な感じだったようです('Д')

呉は河族出身者なども多く、
貴族的慣習に不慣れな人が多かったと想定できます。

功労者も豪族も関係なく告げ口や摘発する呂壱さん…


横暴化したその行動の末、捕縛されます(-_-メ)



=========
 呂壱さんの処遇
=========

過去の横暴により、
呂壱さんへの処罰は、かなり過剰な意見がでたそうです。
溜まり溜まった憎み恨みの感情…

周囲はここぞとばかりに一斉攻撃状態…( ゜Д゜)!!

そんな呂壱さんへの処遇ですが、
法にのっとって適切に処刑されたそうです。

この呂壱さんのような、法やルールを盾に過剰に断罪する人を、
酷吏と言い…
呂壱さんへの処罰の様に、適切に処罰する人を、
循吏と言います('ω')ノ


なんか現代社会に通じるものがありますね(-ω-)/

=====
  循吏
=====

私の仕事は売主さんと買主さんの仲介役のように、
双方の言い分を取り纏める立場にあります。

逆に仕事や日常生活で、
仲裁を受ける立場になることもあります。

指摘の中には、
法やルールを歪曲解釈した指摘をする人やww
自身の正義が社会の正義化の如く、指摘する人もいますww

後者は呂壱さんタイプで非常に厄介です('ω')ノ
自己感想を周囲一致の意見としたりと、
一部の意見が多数派の意見としたりと、
説明しても、基準である自己基準が大衆基準とかけ離れてたりとww
もう大変www


個人発信や難解な法的問題も、
インターネットにより昔より容易になっています。

SNSで簡単に発信。
レアな法律問題も簡単検索。

個人が簡単に裁く側になれる時代です。
裁きも過剰になれば犯罪行為にな可能性があります。

適切な判断ができるように、
適切な判断で自身と周囲を守れるように、


その為に、循吏意識が問われてるように私は思います('ω')ノ


余談ですが、酷吏行為をした相手から、
循吏行為をされちゃうと、
もうね💦
完全敗北ですからねww


記 久留米店 山田竜嗣

前回の記事はこちらをクリック!