音声メディア('ω')ノ
2020/2/20

こんにちは!
猫たちの関係性をみていると、
言語が必ずしもコミュニケーションの重要要素では、
無いのでは⁈と思う営業の山田です('ω')ノ
8匹の猫たちですが、
同じ家に住んで、同じご飯を食べてるのに。
仲良しにゃんこもいれば、
険悪なにゃんこもいます('Д')

そして自然と猫派閥が構成されてます。

謎です(゜_゜)

さて、今日は私の趣味でもある、
今話題の音声メディアについてのお話です(-ω-)/



========
 音声メディア
========
今、話題の音声メディアと言えばあれです!

ラジオです('ω')ノ


………(゜Д゜;)
クラブは…(゜Д゜;)

なにそれ?('ω')?


ラジオは私の趣味の一つでもあります。
ラジコにラジオクラウド、ヴォイシー!

更にはラジオの文字おこしされたのを見たりと、
かなりのヘビーリスナーです('ω')ノ
若い頃は朝の6時に北九州のスタジオに行ったりしてましたww

仕事柄しゃべる仕事ですので、トークの参考にもなります。
個人的ながらメディアでは最強だと思います('ω')ノ

スマホの普及で多種多様なメディアが出来た今日…
ラジオリスナーは減少傾向のように感じます('Д')

ですが、いまだに淘汰されてないことを考えると、
他のメディアにはない、なにかあるんだと思います。



=====
 距離感
=====
メディア別の特徴やらを話すと長くなりそうなので、
私が感じる一番の違いについてのみ考えてみます('ω')ノ

それは距離感だと思います。

TVと視聴者の距離感
ようつべと視聴者の距離感
ニコニコと視聴者の距離感
ライブアプリと視聴者の距離感
リアルと観客の距離感
ラジオとリスナーの距離感

言語化しにくいい感覚的なとこですが、
どれも違うと思います。

単純に聞くメディアで考えると、スマホを下に向ければいいだけです。
やはり距離感の差はあると思います。


=======
 適した距離感
=======

人それぞれライフワークが違いますので、
適した距離感も皆違います。

私はテレビをみる習慣がありません。
16歳くらいからほとんど見てません。
記憶があやふやですが、18歳から36歳くらいまで、
自宅でTV見れない生活でした('Д')
ゲーム用のモニターとしては機能してまいしたがww

自宅でも、
ゲームしたり、
DIYしたり、
猫の世話したり、
競馬統計データ作成したりと、
長時間同じ事をするのが苦手で、
ながらの連続です。

そうなると、最適なメディアはラジオになります。

最近はラジコで聴き逃しても、期間内なら聴き返せます('ω')ノ
バックグランドでスマホ作業中でも聴けます('ω')ノ
SNS使用中でも('ω')ノ

多種多様で新しいメディアが出てきております。
ですが、古い=悪いではありません。
逆に古い=良いでもありません。

適した距離感のメディアを使いこなして、
ながら時間や空き時間を快適に過ごす事が大事だと私は考えます('ω')ノ

記 久留米店 山田竜嗣

前回の記事はコチラをクリック!