【祝100回】 保護猫日和 
#100-1 2020/12/4

こんにちは!
とあるポータルサイトのスタッフ紹介ページがアップデートされて、
紹介ページの写真掲載数が20枚に増えたので、
猫写真一式にしたった営業の山田です('ω')ノ

誤解が無いように補足しますが、民法上ですとペットは有機物と解釈されます。
「物」として扱われます。
権利義務の帰属主体とはなりません。

批判する人は、公の紹介ページに生まれたままの姿…
ネイキッドな姿で紹介しなくちゃいけませんww

法律上は私の私物…
個人的には仲間たち…
中間管理職と8匹の保護猫達…
なんか、メディアのタイトルっぽいwww

そんな保護猫達の日々を不定期更新している「保護猫日和」が、
今回で100回目の更新となります!!


㊗㊗㊗㊗㊗㊗㊗㊗㊗㊗
  100回('ω')ノ
㊗㊗㊗㊗㊗㊗㊗㊗㊗㊗

記念すべきほどでも無い記念として、
何を投稿しようか?と考えた結果、
改めて、猫達の紹介をしようと思います('ω')ノ

全員紹介すると尺が足りないので、
100-1と複数回に分けて紹介します('ω')ノ

今回はサビ猫達の紹介回をお送りします('ω')ノ
写真の左の猫が、
黒サビ猫のシャロハチ
中央が、
茶サビ猫のタヌ
右が、
洋サビ猫のレン

サビ猫とは簡単に説明すると、三毛猫の一種です('ω')ノ
99%以上がメスです。

特徴である独特の毛柄で、好き嫌いが分かれます。

とにかく健康で賢いのが特徴です('ω')ノ

トイレも上手!
健康!
賢い!

猫ちゃんの里親デビューする方にお勧めです('ω')ノ

現実的な話ですが、ペットの治療費は保険高く
数十万円かかることがあります。

経済的な問題を考慮しても、やまだイチオシです('ω')ノ

その独特な毛柄で、
💩猫や雑巾猫と呼ばれたりするそうですが、
英語では「Tortoiseshell」と呼ばれてます。
意味は鼈甲!

それが理由かは分かりませんが、縁起の良い猫ともいわれます。
サビ猫マニアもいるそうです('ω')ノ

錦鯉みたいな感じかもしれません('ω')ノ

今いるタヌちゃん、実は2代目なんです!

先代タヌちゃんは20歳以上ぬくぬく活きました('ω')ノ

大きな病気もせずに!

この3匹も、もちろん健康!

キャンディキャップをかぶせても嫌がりませんww
似合ってませんけどねwww

サビ猫の難点としては、
写真映えしない事です('Д')

独特の柄で写真がとても難しい('Д')

哀愁というか…
なんというか…
その独特の雰囲気を私は、
「不景気やねぇ」とひ表現してますwww

昔はあまり見かけませんでしたが、
洋猫のサビ猫も増えてきました('ω')ノ

シャロハチとレンちゃんの比較をどーぞ!

小顔で四肢がながく、スレンダー('ω')ノ


特徴なのか体質なのか、
子供ときから現在まで、レンちゃんはスレンダー('ω')ノ

誰にでも懐く系です('ω')ノ



最後はコスプレタヌちゃん('ω')ノ

今回はサビ猫3匹をご紹介しました。

次回、ダクテン&パンダの白キジ猫兄弟。
その次がチョビちゃんとマルちゃんのキジ猫兄弟。
最後にクロタンとサクラとハチノジで〆ようと思います('ω')ノ

そんな感じで保護猫日和#100は100-4まで続きます('ω')ノ



記 久留米店 山田竜嗣

前回の記事はコチラをクリック!!