抜いた刀の…('ω')ノ
2020/11/30

こんにちは!
寒さも本格化してきて、ぼちぼち冬支度をしている、
営業の山田です('ω')ノ

私は外部気温変化には強いので、物理的な寒さ対策よりも、
気持ち的な冬対策が重要です。

仕事中にXmasムードマックスの人を見ても耐えれるメンタル('Д')…
忘年会でウェイってる人の横で、しんみり呑む事に耐えれるメンタル…

そんな心の冬支度がそろそろ必要です('Д')


そんな事を考えてる11月最終日…
少し暗い内容になりそうなので、
今日は少し真面目な内容でお送りします('ω')ノ



=====
  残心
=====
社会人でよく聞く言葉に、「刀を抜く」ってフレーズがあります。
冷戦状態ではない、ガチ喧嘩を仕掛けた側に対して用いる言葉です('Д')

「あいつ、ついに刀を抜きやがった( ゜Д゜)!」とか…
「抜いた刀は引っ込めれんけんねえぇ~('Д')」のような使用方法ですかね。

サラリーマンチャンバラ的なシーンで見かけます。

某有名ドラマではないですが、
仕方なく刀を抜かなければいけない場面があるように感じます…

この時に大事な考え方が「残心」です。

残心とは剣道用語でして、打ち終わり型、声、姿勢を判断する言葉です。
残心が雑ですと、一本とみなせれない場合があります。

どぉーーー!
スパッ!!
クルッ!
(構えて)
ドヤッ(`・ω・´)!

イメージが浮かばない方は動画検索で調べてみてください('ω')ノ

んで、
サラリーマンチャンバラ的な場面で刀を抜いた時も、
残心が重要だと私は考えております!

=====
 着地点
=====
刀を抜く場面に至る、着地点はどんな場面でしょう?
相手への倍リターン…
相手の服従…
相手の廃除…

サラリーマンチャンバラの場合は【服従】な場合が考えられます、
倍リターンや廃除はただの喧嘩です。
やりすぎれば犯罪行為です。

自分の意見に従ってもらう為なんですが、
目的が変化して相手の廃除や倍リターンに変化してる場合があります。

従わせる目的は自分の意見の正当性強化とかだと思います。
支持者を増やす…
仲間を増やす…

それなのに廃除しちゃったら元子もありませんww

廃除的行為に出た場合、本当に喧嘩になってしまいます('Д')

どちらか一方が負ける…

そもそも勝ち負けの話ではないのに敗者がでてしまいます('Д')


=========
 だから残心が重要
=========
そんな事にならないよ言うに残心のような考え方が重要だと私は思います。

斬った側からは、
斬ってもとどめはささない…
こちらが強さを相手に認めさせるように、
ビシッと残心!

斬られた側は、
斬られてももとどめはさされません…
だか相手の強さを認めて、
ビシッと残心!

勝っても相手を活かす…
負けたら相手を認める…

配慮や敬いのような精神です。



=====
 まとめ
=====
そもそも刀を抜く場面に直面しないのが良いのですが、
相手に抜かれる場合があります('Д')

そして刀を抜く場合、
感情的になって目的や現状見失ってる場合がほとんどではないでしょうか…

そんな感情的な相手に感情的になってしまい、
斬り合ったらどちらもボロボロです('Д')

どちらも悪者です。

そんな時は残心的な考え方をする事で、
本来の目的…
勝ったからってどうなるのか…

っと冷静に現状と着地点を見直せます。

こんだけ多様的な時代なので、意見の相違はあって当たり前です。
基順も多様…
価値観も多様…

感情的になった相手に直面したり、
自身が感情的になった場合、残心的な考え方をしてみると、
不毛な小競り合いは減少すると思います('ω')ノ


記 久留米店 山田竜嗣

前回の記事はコチラをクリック!!