【サビ猫】 保護猫日和 【キジ猫】
その92 2020/10/29

こんにちは!
保護猫との日常をあっぷする事が偽善じゃないか…

そんな声に対しては、
正義という名の暴力を振りかざすより、偽善でありたい('ω')ノ
そう思う事がある営業の山田です。

法的に犯罪行為をしても、謎正義でもみ消す人…
正義的名目で、自己顕示欲を示す人…

行き過ぎた正義のという名の暴力は犯罪です。

そんな偽善的とも言える、【保護猫日和】更新です(-ω-)/

今回で92回目!
100日目になんたらなワニじゃないですが、100回目で終わらせる予定です('ω')ノ

その後は保護猫新コンテンツをお送りする予定です!

99回目位で新コンテンツは告知いたします('ω')ノ

そんな保護猫達ですが、

良く寝て…

(˘ω˘)💤

本当に、

良く寝て…

(˘ω˘)💤

よく食べます('ω')ノ

人に優しくなれるような気がしてきます(-ω-)/


そんな幸せそうなペット情報もあれば、
多頭飼育崩壊等の不幸なニュースも見かけます('Д')

コメントは飼い主批判で大荒れ('Д')

………

実際の状況は分かりませんが、PEST要因であった場合、
その個人を批判するのは良くないと考えます。

PESTは政治、経済、社会、技術のアルファベット読みの頭文字です。

政治 politics
経済 economy
社会 society
技術 technology

上記要因はかなり強く、その要因により多頭飼育崩壊となった場合、
その個人を責めても問題解決にはなりません。

責めが、正義と言う名の暴力に発展してしまいます。


過度の追及は目的を変化させます。

指摘が行き過ぎて暴力やいじめに…

改善目的が自己顕示欲誇示へ…

規律指導が行き過ぎて差別的行動へ…


目的が( ゜Д゜)ハァ?
そんな指導をたまぁに見かけます。

どうしたいのか?
その目的は?
反対への代替案は?

反対意見を批判するわけではありませんが、
不快な反対意見に対して私は↑のような考え方が必要だと思います('ω')ノ

記 久留米店 山田竜嗣

前回の記事はコチラをクリック!