空き家問題の問題点('ω')ノ
2020/9/27

こんにちは!
中高年でサラリーマンチャンバラドラマを見て、
コジラセテル人が増えたように感じる営業の山田です('Д')

コジラセの押し付けは苦手です('Д')

ドラマの影響か…
社会派厨二病がじわじわ発生…

さーーて、
今回は不動産業界の社会問題!
【空き家問題】についてのお話です。

もちろん、斜め思考が大好きなぁ~やまだwww

ちょっと斜めった考え方でお届けします。


=======
 共通認識
=======

まずは共通認識として情報を整理しましょう('ω')ノ

■平成30年時点の全国の空き家数
         846万戸

■平成30年時点の全国の空き家率
         13.6%

   
ニュースやエライ人の話で耳にする情報です('ω')ノ

7件に1件が空き家…
空き家ビジネスは…
深刻な空き家状況…

お題と数字だけ見ると、深刻的な先入観で考えてしまいます。

ですが、ここで我に戻そうwww

正常な空き家率は何%なのか……

=======
 適正空き家率…
=======

そもそも空き率0%は経済的に良い状態ではありません。
不動産所有者のパワーが強烈に強くなり、社会バランスが崩壊します…

地主最強!
売り手最強市場!
こんあ状況になっちゃいます…

売主様と買主様のバランスが取れている状態が最良です。


ある程度の空き家は社会的には必要です。

ここで判断基準となる数値である
【適正な空き家率】

それを無視して、
大変だぁーーー!とか
問題だぁーー!
っと議論してるのが現状ではないでしょうかね('ω')ノ

サンプルとして空き家率のトップ&ワースト5で考えると…

空き家率の低さトップ5
10.2%~11.2%

空き家率の高さトップ5
21.3%~18.9%

これか考えると13%はそんなに悪くない空き家率じゃないかなぁっと思います('ω')ノ

因みに、福岡県は空き家率12.7%!
低さトップ9!

感覚値ですが、12%くらいの空き家率が最適数値の様に思えます。

過去の情報ですが、
昭和63年、空き家率9.4%
平成15年 空き家率12.2%

ここ30年位は10件に1件が空き家!

そんな状態だったですよね('ω')ノ

=======
 問題は状態
=======
人に伝える手段として、数値伝達はかなり有効です。

んで、空き家問題ですが【空き家率】よりも【空き家の状態】が問題だと私は考えます。

極論ですが、空き家がすべて徹底管理されてればどうでしょう('ω')ノ
樹木、臭気等の周囲への迷惑もありません。
視覚的マイナス影響による地価減少影響も軽微です。


問題は数ではなく、空き家の管理状態ではないでしょうか(-ω-)/

ここが問題点ですね…

また空き家も地域差かなりあります。
市町村レベルで差がかなりあります。
しかし市町村レベルで対策すると市民の奪い合いになります。

商圏レベルでの官民共同の対策が必要です。



=====
 まとめ
=====

空き家問題は一サラリーマンのやまだが、あーだこーだ言って解決する問題ではありません。

PEST要因です。
Politics(政治)
Economy(経済)
Society(社会)
Technology(技術)

これが横断的に関係する問題です。

PEST要因は最強です。
自動運転の流れに世界もトヨタ自動車でも逆らえません。
コロナ問題もそうです。


大事な事なのでもう一度!

空き家問題はPEST要因が横断的に絡み合う問題です。

問題解決のために、必要な数値は適正に管理されていない空き家の割合
さらに空き家管理を強制させる施作と仕組みが必要だと私は考えます(-ω-)/

記 久留米店 山田竜嗣

余談ですが、バブル時期も空き家率は7%から8%です。
空き家率9%を下回ると地価高騰しちゃうように感じます('ω')ノ

前回の記事はコチラをクリック!!