【サビ猫】 保護猫日和 【キジ猫】
その84 2020/9/4

こんにちは!
強烈な台風が接近すると中学生時代を思い出す、営業の山田です('Д')
17号か19号、直撃時に新聞配達(中学生なのでチャリ🚲('Д'))をしており、ヒィーヒィー言いながら配達した記憶があります('Д')
帰宅した時は、心身ともにボロボロで学校は休みました。
中学生が200部の新聞配布にそこまでする必要があったのか…
冷静に考えると無いですよね…

当時は世論が新聞とテレビにより左右され、
個人の不特定多数への発信&承認ツールが無く、
【台風で休む】の成否判断材料ができない社会でした('Д')

適切か不適切か?
何が優先か?
冷静に考えて万全の台風対策を心がけましょう('ω')ノ


さてさて、
今回は久々の保護猫日和更新です('ω')ノ

先日お伝えしましたが、保護猫食堂を建設中です。
進捗はこんな感じ('ω')ノ

2×4材と1×4材で大枠が完成!


照明をLEDに変更!
檜材の板で腰壁作成!

こんな工事状況です!

保護猫達の楽しみは、やっぱり食事と睡眠('ω')ノ

食べる時と、睡眠中は幸せそうです。

コミュニケーションについての重要性について問われる現在に社会状況ですが、
方法や具体的内容に正解がなくとても難しい問題です。

猫達の生活を見てると、
睡眠や食事などの本能的なものが最高のコミュニケーションを、
生むように思えてきます(-ω-)/

なぜか、目を隠して睡眠するタヌちゃんwww

愛らしい('ω')ノ

睡眠や食事など、本能的に影響するものは
老若男女問わず共通認識を生み出します。

誰でも食事します…
誰でも寝ます…
誰でも水分を補給します…




神棚の水を飲むサクラwww

顔がでかくて、ちょっと無理がありますwww

趣味や趣向などで、無理やりコミュニケーションを強制するより、
人間活動から生み出したコミュニケーションが持続性の高い関係性
を生み出すように思えます。

人間より、動物の方がコミュニケーション上手なんじゃないかなぁ~
競争や保守による攻撃が人間より少ないですしねぇ~

保護猫達のコミュニケーションの為に、さっさと保護猫食堂を完成させます!

記 久留米店 山田竜嗣

前回の記事はコチラをクリック!!