新人教育('ω')ノ 2020/7/25

こんにちは!
学生時代のテリトリーを久々に行く機会があり、エモくなってる営業の山田です('_')
20年以上前の記憶がフラッシュバック!!!
エモイ(-ω-)/

そんなエモ山田ですが、仕事上ではよくあるプレイングマネージャー('Д')

toCの営業をしたり…
toBの営業をしたり…
toBの営業をされたり…
お店の管理職的仕事をしたり…
猫の世話をしたりwwww

そんなパラレルキャリアな状態です(-ω-)/

新人さんの教育も仕事の一つです!
教育方法についてお話すると長くなりそうなので、気を付けているポイントをお伝えしようと思います(-ω-)/


=========
 ミスへの指摘基順
=========

ハラスメント行為への大衆意識が高い今日、
注意になるか?パワハラになるか?の判断にデリケートな判断を要します('Д')

そんな地雷ゲームみたいな「指導行為」(-_-)
地雷回避の役に立つかはケースバイケースですが、私なりの指摘基順をご紹介します(-ω-)/

1.そのミスが悪意的か善意的か?
2.そのミスの影響はどの程度か?
3.そのミスの過失責任は誰か?
4.そのミスの当事者たちへの個人感情が優先されてないか?

↑みたいな感じでミスのレベル感を判断して、指導するようにしております。






ミス例1
「間違ってポータルサイト記載の金額を1桁多く掲載してしまったww」 

1.で判断すると悪意はないでしょう('ω')ノ
2.で判断すると安く掲載すると、おとり広告にあたり重大ですが客観的に掲載ミスと分かる内容で早期発見なら軽微な影響でしょう('ω')ノ
3.過失責任はその人の経験レベル、仕事量で判断が必要でしょう('ω')ノ
4.は当事者への個人感情('ω')ノ

例1の場合、厳しい指摘より笑いを交えた指摘が適していると感じます。
数年後の笑い話になる的なオチで(-ω-)/


ミス例2
「内覧物件のカギをかけ忘れた…」
1.で判断すると悪意はないでしょう。
2.で判断すると被害がなくとも、予測できる被害を影響として考慮すべきです。
3.で判断すると過失責任があります。
4.は自分次第(-ω-)/

例2の場合は、かなり厳しく指摘すべきです。
仮に被害がなくとも、最大リスクを考えて反省を促すレベルでの指導をします。


=========
 悪意 嫌い 屈服
=========
指導する立場
指導される立場

上下関係が働く以上、一方通行の感情が働きやすくなります('Д')

その感情が増幅して↑の「悪意 嫌い 屈服」などのマイナス影響を与える関係を生み出します。

そうらないように、ミスを細分化して判断し指摘することで変な感情変動を抑制できます(-ω-)/

逆に善意、好き 従順な関係なプラス感情を生み出すことで、
ミス行為を良好な関係へ転嫁できるとも考えれます(-ω-)/

まぁ~悪い人間関係より良い人間関係が良いですもんね(-ω-)/

私はそ~考えます。

記 久留米店 山田竜嗣

前回の記事はこちらをクリック!!