「苦手」と「不慣れ」('ω')ノ 2020/7/20

こんにちは!
甘えん坊だけど、あま噛みが出来ないクロタを見てると、
シザーハンズを思い浮かべる営業の山田です('ω')

優しくて人に接したいけど傷つけてしまう…
甘えたいけど引っかいたり噛みついて傷つけてしまう…

そんなクロタとエドワードが重なります('_')
咬まれる俺はウィナノライダー演じるキムwww

そんな気持ちで氷ではなく、精神を削り続ける…

前置きでオチちゃいそうなのでさっさっと本題へ('ω')ノ


先月から久留米店に新人さんが配属されて、現在研修中です(-ω-)/

今月で研修期間終了しますので、あらためてご紹介する予定です!

そんな新人さんの研修担当をしているのは、この私(-_-)


技術やサービスがどれだけ普及しても、人間対人間で物事を教えるのは難しいです。

この「難しい」って感覚を文章で伝えるのが難しいように難しいですwwww





不動産業は本当に奥が深いので、永遠に学び続ける必要があります。

人間の進化の仕組みレベルのムーブチェンジが無いかぎり続きます。
(断言しちゃいましたww)

理由は2020年7月19日に保存登記された物件Aが販売事例は未来にしかないからです。

この物件Aの権利変動が将来どのように行われるのか…?
宅建業法も変化してると思います。
親族法も…
不動産登記法も…
慣習も…
技術も…


なので、変化に対応するように学び続ける必要があります('ω')ノ




なので、最近の私は「教えながら教わる」…
そんな日常が続いております。

早く一人で仕事が出来るように育ってほしいです(-ω-)/

教育係をしていて面白いことに気づいたので、その内容で〆たいと思います。
それは
「苦手」と「不慣れ」は
勘違いしやすい感情!(-ω-)/

「苦手」の対義語は「得意」です。
「不慣れ」の対義語は「慣れ】です。

「慣れ」ているけど「苦手」って日本語が成り立つので違う意味合いの言葉になります。

教える時に、
〇〇さんはこれが「不慣れ」なんだなぁ~
って感情を、
〇〇さんはこれが「苦手」なんだなぁ~
っと勘違的な自己解釈をしがちです。

これは意外と陥りやすい勘違いなので、日常生活で再確認してみると違った世界が見えてると思います(-ω-)/

記 久留米店 山田竜嗣

前回の記事はコチラをクリック!!