営業の師匠  2020/6/28

こんにちは!
久留米店に研修中の社員が来て、指導に精を出している営業の山田です('ω')ノ
お客様に良い不動産サービスを提供できる人材になるよう、教育中!

そんな教えることも多いですが、教わることも多い近況です。
学ぶ姿勢は大事ですね(-ω-)/
学ぼうとしないで、知ったかぶって知った風してる人を見ると哀れに感じます('_')
呆れられてたりしてますからね~

そんな中年営業の私ですが、私にも営業の師匠みたいな人がいました。

一言でいうと、バケモノクラスの営業レベル!( ゜Д゜)!
未だにその人以上の営業は見たことがありません。

今回はそのバケモノレベルの営業から見る営業とは?的な話をいたします。

=========
とにかくマルチな能力
=========

当時の話ですが、営業がパソコンを触っていたら怒られてた時代です。
デジカメすら普及してない時代でしたからね~(-_-)
時代ですねぇ~

そんな時に自信でHPを作成したり、エクセルで資金計画を作成したりと、パラレルキャリアを先取りしてた記憶があります。

今でこそ当たり前ですが、当時は業務の線引きが強く、
広告は広告代理店まかせ…
イベントも企画担当まかせ…
そんな時代でした。

営業は「こうあるべき感」が強かった時代でした('_')

そんな時代にマルチな才能を発揮してたのは、現在の働き方が多様化した時代を先取りしてたように感じます。
強烈な営業能力がありながら、新たな能力習得意欲は今も見習っております。
その人の、とんでもエピソードはここで書くと長くなりそうなので、気になる方は山田までお尋ねください('ω')ノ



=======
パラレルキャリア
=======

パラレルキャリアって言葉が認知されてきたように気が付けば、不動産営業の業務の横幅は広がってます。
広告もワード等で営業担当が作成…
住宅ローンも営業があっせん…
工事の目算から企画…
ポータルサイトへの入稿…
物件の写真撮影作業…
その他いろいろ…

ほんと、なんでも屋さんになってきました('ω')ノ



日本が単一民族なのか、普通じゃないものを反射的に嫌悪しがちです。
違うことをすると攻撃されがちですが、昨日の基準は今日の基準とは限りません。
現にコロナ自粛中の基準と現在のい基準は違います。
身嗜みの基準も変わってきてます。
生活習慣の基準も変わってきてます。

自身の能力は余程のことがない限り無くなりません。
自分を助けてくれますし、仲間を助けてくれます。

研修中の社員教育をする立場ですが、自分も学ぶ姿勢を忘れによいに更なる能力取得を意識したいと考えております('ω')ノ

それがお客様への良い不動産サービスに繋がりますしね('ω')ノ


記 久留米店 山田竜嗣

前回の記事はこちらをクリック!!