入居家祓い 2020/6/14

こんにちは!
久留米市に住み着いて、毎月1日は高良大社に参拝している営業の山田です('ω')ノ
8年位、毎月かかさず参拝してます。
お願いと御利益目的ではなく前1か月の感謝での参拝です(-ω-)/

そんな客観的に見ると信心深く見えますが、日本は神仏習合の習慣があります。
なので、罰当たりなことはしませんよ~のレベル感ですかね~

不動産業という土地や建物取引を生業としておりますので、土地の神様には感謝する気持ちは忘れないようにしております。



そんな不動産業と神事で有名なものと言えば、地鎮祭ですかね(-ω-)/

着工前に宮司さん、施主さん、建築会社さんとでお清めをする行為です。
ユニット工法の普及や施主さんの負担等で上棟式は減少してるように感じますが、地鎮祭は習慣化されてるように感じます。

ですが、既存住宅の場合…
そのまま、ひょいっと住む人が多いように感じます('Д')
そのまま、ひょういっと退去する人が多い様に感じます('Д')

入居家祓い…
退去家祓い…
解体家祓い…

これらの不動産関係神事は地鎮祭より認知度が低いように感じます('Д')…

中古住宅でも、これから家族を守る住まいです…
手放す家でも、今まで家族を守ってくれた住まいです…

私なんかに強制権はありませんが、久留米店のお客様には「家祓い」を推奨しておいます。


気持ちの問題なので、略式でもいいと思います。
土地の四隅、家の四隅、玄関に塩とお酒を撒いて感謝を込めてぺこり…

どんだけ、立派な家を購入しても雑に住めば、退廃していきます('Д')
気持ちを込めて手入れしながら住めば、古い家でも長持ちします(-ω-)/



風水や占い意識しする前に、住まいに感謝する…
そんな当たり前の気持ちが大事じゃないっ!
と私は考えてます(-ω-)/

記 久留米店 山田竜嗣

前回の記事はコチラをクリック!!