今すぐ使えるテクニック その5  2020/5/26

こんにちは!
40歳になって('Д')いつまでもでばってたって仕方ないじゃん!って考えの営業の山田です('ω')ノ
若い人がわちゃわちゃ活躍している状況をこっそりサポート!そんな働き方改革を考えております。

無駄にえらそーにしてるの、カッコ悪いですもんね(-ω-)/

そんな事を考えている今日ですが、今回は久々の営業テクニックシリーズ更新です。
自粛解除で新社会人の方も本格的に仕事再開!
そんな雰囲気もでてきましたし、参考になれば幸いっす('ω')ノ


前回までの記事はこちらを↓をクリック!

その1「○○願います」
その2「格付け」
その3「テスクロ」
その4「トランプ関係」

今回は「理由付け」です('ω')ノ
その2の「格付け」にちかいテクニックです。

今回も月末でちょいバタバタなので挿絵替わりに猫写真でごかします(-ω-)/

仕事上、難しい判断や選択をが必要な時があります。

素直にすすめると顧客や依頼主から追求を受けちゃう('Д')
けどどうしよう('Д')

そんなときに、予め言い訳…じゃなくて「理由」を用意しておくことで自己責任を回避して更には自己評価を上げる方法が「理由付け」です。

↑綺麗に纏めてますが言い訳を用意しとこーZE!ってこと('ω')ノ

例文はのちほど!
先にポイントから!


=====
 ポイント
=====

言い訳じゃなくて「理由」は神様系がベスト!
……(´゜д゜`)?
要約すると、言い訳や反論できない「理由」を用意しとくことです(-ω-)/
ここで重要なのが、目的は揉める事ではなく折り合いを付けることです。

「言い訳」と「代替案」をセットで用意しておくことで、折り合いをつけさせることができます。

物理的に無理な要求系に対して…
理論武装ならぬ言い訳武装!
更には救急箱と保証を用意!

こんな考え方で「言い訳」を正当な「理由」として解決することができるテクニックです!

======
  実用例
======

不動産売買シーン

理由「売主様のローンの残債が〇〇円ありますので、この物件はお値引きできないんですよ…」

代替案「その代わり、売り主様がお気持ちとして最後にご家族でピカピカに清掃してお引渡しますとお約束されてます。」

補填案「買主様との希望金額と差は、〇〇市の転入補助金で少額ですが補填できますが、前向きに検討いかがでしょうか('ω')ノ」

どうでしょう('ω')ノ

言い訳が見事に正当理由に昇華しましたwwww


仕事上で弁明を要求されるシーンはかなりパターン化します。

納期遅延……
金額交渉……
謝罪強要……

謝罪強要などは犯罪行為(不法行為でなく罪なので警察へ('ω')ノ)です。
そんな状況で自分が苦しまなくていいように「正当理由」というなの「言い訳」を用意しておきましょう('ω')ノ

記 山田竜嗣

余談ですが、↑の事を要求するタイプは小器タイプの人ですので正当な反論に弱い特徴があります('ω')ノ
毅然とした姿勢で言うのもポイントの一つです('ω')ノ


前回の記事はコチラをクリック!!