シータカメラ応用編('ω')ノ 2020/5/9

こんにちは!
アフターゴールデンウィークでなんだかバタバタしている営業の山田です('Д')
私のどうでもよい近況ですが、全然格ゲーで勝てません(T_T)
自粛の影響でゲーマーの格ゲーレベルが上がったような気がします('Д')
某ゲームで2000LPと溶かしました(*_*)

そんな私のどうでもよい話は置いといて、自粛の影響で注目されてるアイテムにシータカメラがあります。

シータとは360度全天球画像が撮影できるカメラです。

こんな感じの写真がとれて、専用のアプリやフォーマットで見るとぐるぐる動かせる画像が見れます。

自粛中でも疑似的案内ができますので、ちょいと活躍してます!

介護やレジャーなど幅広い活躍が期待されているアイテムです!





スマホがデバイスやリモコンの役目を果たしますので撮影風景はこんな感じ(-ω-)/

かなり映写角度が広い為、隠れて撮影する必要がります。

撮影風景はなんだかシュールwww




そんあシータですが、今回は撮影テクニックをいくつかご紹介します(-ω-)/

まずは疑似的ドローン撮影wwww

単純にシータを高所に設置して撮影する方法です(-ω-)/

上空から見下ろしたような360度画像が撮影できます!


セマイ空間などにオススメです!




次はホワイトバランス調整!

スマホの撮影画面の赤→部分を調整しての撮影です(-ω-)/

オススメは↑の🏠マークです!


こんな感じで電球色風の写真が撮影できます(-ω-)/

戸建ての撮影ではなんだか良い雰囲気の撮影ができます。

昼光色は冷たく感じますからね('Д')

居酒屋=電球色、事務所=昼光色をイメージすると比較しやすいと思います(-ω-)/

どうです?
イイ感じででしょ('ω')ノ


シータカメラは便利なアイテムです。
ですが以前、自粛期間中でシータ画像での疑似的案内を紹介したら、
「カメラはあります( ー`дー´)キリッ 使用してませんが…」
と返事されたことがあります💦


………………………………
……………………
…………(*_*)

はっきり言って、「ギターが弾けない厨二病高校生が『ギターもってる!』」ってドヤってるのと一緒です💢

せっかくの便利なアイテムです!

使いこなして良い不動産サービスを提供していきましょう('ω')ノ

記 山田竜嗣

前回の記事はコチラをクリック!!