助ける要素(-ω-)/ 2020/4/24

こんにちは!
先日、酔っぱらいながら猫とじゃれてたら顔面を引っかかれて血だらけになった営業の山田です('Д')

外出自粛ムードで、経済的影響が長期化が予測されてます。
以前の記事でもお伝えしましたが、不動産業は契約から入金までに1月から3月位のタイムラグがあります。
ですので現実的ダメージに時間差があるよーっ!てお伝えしました。

これにとある要素が加わると、対応が後手になる事が予測できますので、その化学反応的なお話をお伝えします。


先に計算式を分かりやすく説明するとこんな感じですかね(-ω-)/

計算式1
入金タイミング×プライド=対応後手

計算式2
入金タイミング×自己保守行動=対応後手

すこし社会風刺的な内容になりそうなので関係のない写真をごまかしでいれときます(-ω-)/

不動産業は信用取引の特性が強いため、「見得」の要素が影響する業種です。

なんか無駄にギラギラしてる人や、過去の自慢をする人が多いのも、そのせいです。

んで↑の計算式を言語化するとこうなります。

計算式1
実際はヤバスヤバスなんだけど、とりあえずコロナショック前契約分入金予定がある。
それで数か月はしのげる。
だけど、助けてーやヤバスって言うと信用落とすかもしれない。
だから、「コロナ影響ないっすよー💦」とか強がり発言をしてします。

計算式2
実際はヤバスヤバスなんだけど、とりあえずコロナショック前契約分入金予定がある。
それで数か月はしのげる。
だけど、助けてーやヤバスって言うと降格やされるかも('Д')
だから、営業外の行為をしてやってますアピールをする。

新型コロナウィルスで世間的に助け合いムードがでてきております。

私も個人的に行きつけの居酒屋さんでお弁当購入や貸し切り利用したり、児童施設へ寄付したりしてます。

単純に助ける要因がなければ誰も助けません('Д')

強がりや無駄なやってます行為は自己保守的効果はあるかもしれませんが、周囲が助けない状況を自ら作りだしてることになります。

一番に理想は助けて助けられての関係だと私は考えます。

人の字は支えあうように以下ry


こんな状況ですが、助け助け合いの気持ちを忘れないようにしたいですね(-ω-)/

記 山田竜嗣

前回の記事はコチラをクリック!!