準備の差…('ω')ノ  2020/4/10

こんにちは!
先日は、仕事で福岡県外の税務署まで行ってきました('ω')ノ
なんとなく感じてましたが、緊急事態宣言発令地エリアと他のエリアでは温度差がかなりあると感じた営業の山田です('ω')ノ


こんな状態でテレワークが注目を集めております。

テレワークの導入差などは、その企業の危機管理対応能力を判断する材料になると思います('ω')ノ

ZOOMやbellfaceなど導入しても使用する側の空気感がないと、実用利用できません。

コロナショック前、
もしくはその問題発生直後から対応していたか、
してないかの差が見えるところじゃないすかね('ω')ノ


SNSすら嫌悪してる人いますからね…

法律での対面行為要が現実行為依存の要因なんでしょうね…


今回の件で、現場サイドで見直せる行動変容はいくつかあると思います。

ネットや電話で確認できる役所調査を、わざわざ役所に行く行為……
全部ではありませんが、シンプル系の案件ならわざわざ行かなくても対応できます。

契約書類の法規定外の無駄な入力項目の削除……
その為の調査行為、入力押印行為を省略できます。

現地確認前のマップやエゴサ利用…
無駄な行為と経費も省略できます。


法律や会社規定など、すぐには変更できないことについてあーだこーだいっても解決しません('ω')ノ
政治批判と同じです。

なので現場レベルでも行動変容できることはまだまだあります。

自分だけ自社だけの精神は良くありません。
人の生命活動からの生活活動があることが前提で、不動産取引は成立します。

不動産業をインフラ業として考えるとまだまだ出来る事はあると思います('ω')ノ

最近はそれを一生懸命考えてる毎日です。

記 山田竜嗣

前回の記事はこちらをクリック!!