原因と改善('ω')ノ 2020/3/10

こんにちは!
内容を問わずイベント好きな、営業の山田です('ω')ノ
コロナ問題でイベント中止や延期の状況が続いており、せめて夏までには回復してほしと願うばかりです('Д')

このままだと公共交通機関の休止なども予測しておく必要があると感じます。
地下鉄などは市営ですからね、責任問題などを考えると予測の範囲の様に思えます。

コロナ問題で大変な状況ですが、今日も弊ブログ更新です(-ω-)/
今日は少し真面目内容でお送りいたします。

原因を無視する…

会社組織ではよく改善提案や対策会議が行われます(-ω-)/

改善提案は素晴らしいと思うんですけど、改善には問題となる原因が必ずあります。

その問題となる原因の大小で改善の緊急性や重要性を判断しなければなりません。

よくあるパターンですと、自己主張や自己評価の為になっている場合があります('Д')

会社内の「この作業必要💢?誰がつくったん💢?」系の作業や仕組みは↑が原因で出来ている場合が多いんじゃなでしょうかね(-ω-)/

「この作業必要💢?誰がつくったん💢?」系は一度、体系化されると中止や廃止されにくいから厄介です('Д')

んじゃ何が大事?ですが単純に「問題となる原因の共通認識」だと私は考えます(-ω-)/

業績低下の原因についても、原因はお店ごとサービス事で違います。
単純に営業が悪いや手法が悪いで問題を軽視してしまうと、あさってな改善が提出されてしまいます('Д')

情報やサービスがこれだけ充実している世の中だからこそ、便利ツール導入や新たな営業手法導入など楽で安易な方法を選択せずに、問題と向き合う姿勢が大事と思います('ω')ノ

もっと言うとどうにかしなきゃマインドを改善に向けるのではなく原因追及にもっていく舵取りが必要なんでしょうけどね('_')

記 山田竜嗣

前回の記事はコチラをクリック!!