住まいの選択基準('ω')ノ 2020/1/25

こんにちは!
一昨日のTV取材での緊張からの開放感とCCCドーピング(タバコ、チョコ、コーヒー)の後遺症でひどく怠い状態な営業の山田です('Д')

怠さも回復してきましたので気分一新に今回は住まいの選択基準でお話いたします。

生活環境は個人で違いますので、私の基準ってことをご理解ください(-ω-)/

金額? 間取り? 場所?

ポータルサイトですと、物件選択時に金額、間取り、場所などを大まかに選択します。

よくある選択基準ですと、そんな感じのありきたりな選択基準だと思います。

上記の選択基準ですが、既存のプラットフォームであるポータルサイトや不動産業者により誘導されている可能性があります。

動画サイトなどの「あなたへのおすすめ」的な選択しているようで誘導されている状態です。

本当はもっと抽象度の高いことが優先だったのに、提供サービスにより優先順位を変えられてる可能性があると私は考えます。

私の基準

私の住まい選択の基順は「徒歩で生活できる」が絶対条件です('ω')ノ

間取りや設備など物理的な問題はお金で解決できます。

駐車場が無いのも月極駐車場を借りるか増設で解決できます。

しかし駅やバス停を近くにすることは、庶民レベルでは不可能です('ω')ノ
職場や施設も同じくですね('ω')ノ

そもそも人間は100年位前は徒歩での生活が基準ですし、当時の人はそれが普通だから不自由とは思って無いはずです('ω')ノ

私は過去に20回以上引越ししてます('Д')
一年に6回引越しした経験もあります。
アパート、マンション、戸建て、都会、田舎、ホテル暮らし…

人間は自分で思っている以上に順応する能力があります('ω')ノ

既存のプラットフォームに自分の優先度を上書きされないように参考程度に考えて住まいを選択しましょう('ω')ノ

記 山田竜嗣

前回の記事はコチラをクリック!