「仕入れが大事!」( ゜Д゜)? 2019/12/19

こんにちは!
営業の山田です('ω')ノ

私は不動産業の勤め人として20年くらい働いてますが、昔からよく耳にするのが「仕入れが大事!」というフレーズです。

先に私の見解ですが、だからなに?って感じです。

解決案や成功へのカギ的に使われがちな言葉で私は嫌いですし解決策ならないからです。

なぜ解決策にならないかを私の見解ですが説明いたします。



スポーツ等に例えて考えてみましょう('ω')ノ

不動産業ではなく別のカテゴリーに置き換えて考えてお話します。

野球に例えて、バッティングが大事!
絵画に例えて、画力が大事!
格ゲーに例えて、コンボが大事!


……………………
…………

どうです?('ω')ノ

解決策になってないですよね。

ビッグワードで解を導き出すと、解がぼやけて解決になりません。

本当に解決しないことから目を背けた間違えた解決策になってしまいます。

現に昔からどの業者さんも「仕入れが大事」と言っていましたが、倒産した会社や数字が悪い営業さんを私はたくさん見てきました。




では何が大事?

それじゃ、何がが大事なのって話ですが答えは解決する人達の考え方です。

ふーん、て声が聞こえてきそうです('Д')

あたりまえじゃん、と思う方がほとんどでしょう。

少し補足すると、解決する人達が考えることができる環境の提供、場所に提供が前提として必要となります。

個人個人でどれでけ考えても意見が通らなければ、ポジションパワーで決まってしまいます。

学校などが分かりやすいですね。

一部の上位グループや先生の意見で物事が決まりがちです。

とらえ方次第ですがこの場合、ヒューマンエラーではなくシステムエラーになります。

そのシステムを作ってしまった環境が問題です。

まとめ

まとめですが、時代なんてどんどん変化します。

問題もそれに比例して変化します。

大事なのは、人が考える環境と意見を纏める環境が大事だと私は考えます('ω')ノ


記 山田竜嗣


前回のブログはこちらをクリック!!