ポジションパワー('ω')ノ  2019/12/13

こんにちは!
営業の山田です('ω')ノ

書き出しで毎度毎度「営業の山田」と名乗ってはいますが、私の社内役職は一応店長です。

ですが、久留米店のスタッフには「やまださん」と役職抜きで呼ぶようにしてます。

理由はいくつかあります。

個人的な理由はお客さんが身構えないようにとか、偉そうにしたくないとかです。

営業や接客業の方で同じような考えの方はいるかと思います。

本題

ここからが少し大事な内容で、久留米スタッフの為に店長と呼ばせないようにしている理由があります('ω')ノ

自分の為では無くみんなの為している理由です。

タイトルにもあるようにポジションパワーが悪いほうに働かないようにする為です。

要約すると役職力のハラスメント作用を防ぐためです。

どこの会社や組織でも上層部の意思決定が強く働きます。

それが良い作用の場合は良いのですが役職者は過去の現場担当者であることが多いです。

単純に意思決定力の強い者が時代遅れ場合が多いって事です('ω')ノ

ここで役職者同士の多数決をするとどうなるでしょう。

公平に決めてるようですが、時代遅れの人たちの過半数ですので現在にマッチしていない事が決まる可能性が高くなります。

例えで考えてみましょう('ω')ノ
「高校の学園祭のイベントを10年以上前学生だった先生達が子供達のイベントを決める」

すごいダサい学園祭になりそうですね('ω')ノ

ダサい決まりやダサい企画にならないように、久留米店では私を「やまださん」と呼ぶようにしてフラットな意思決定が出来るようにしております('ω')ノ

記 山田竜嗣


前回のブログはコチラをクリック!!