ちょっと真面目な個人的な話('ω')ノ 2019/10/31

こんにちは!
営業の山田です('ω')ノ

久しぶりにちょっと真面目な個人的話シリーズです。

今回は伝え方についての個人的な考えをあっぷいたします('ω')ノ

とりあえずサブタイトルをあげるとこんな感じですかね。

メッセージ&ボディ

サブタイトルにあるように、伝達したい事はメッセージだけではなくボディとなるものを用意しましょうってことです。

分かっているようでできてなかったりします。

よくある間違ったパターンがメッセージ&メッセージのパターンです。

画面に文章が記載されたもの見せながら言葉で伝えるパターンです。

一番眠くなるやつですね('ω')ノ



よい例('ω')ノ

担当物件の草取りを頑張るキヨハラさん('ω')ノ




どうです?('ω')ノ

伝わりやすいように感じません?

特にBtoC営業歴が長い人はメッセージ&メッセージになりがちです。

よく未経験の新人の時はシャカリキにやって売れたのに中堅になってうれなくなるのは、この「メッセージ&ボディ」のボディの部分が欠けてしまうからだと思います。

上記のシチュエーションを想像すると新人さんが必死に無駄な動きで一生懸命やっている姿が想像できます。

その無駄な動きがボディの役割を果たしてしると考えられます。


会議や営業で伝えたいことが伝わらないときは「メッセージ&ボディ」を意識してみてください。

「ボディ」の部分は写真だけではなくグラフや仕草、道具でもなんでもありです。


記 山田竜嗣



前回の記事はこちらをクリック!!