上位概念と下位概念 2019/4/26

こんにちは!
営業の山田です('ω')ノ

いよいよ10連休GWが近づいてます!

公共機関や金融機関が中期ストップする為、GW前後の調整で少しパニックてます('Д')

私どもの仕事はお客様や業者様との調整で業務スケジュールが変化します。

とてつもなく忙しくなる時や、暇になる時を予測しづらい業種です。

↑には反論がきそうですが、暇な時とは現場作業等をちゃんとやっます('ω')ノ

んで、何が言いたいかというとハードな時ほど業務の上位概念と下位概念の判断をしっかりしましょって事です。

極端な話ですが、仲介業務でスケジュールコントロールと重要事項説明書作成ですとスケジュールコントロールが上位概念です。

何故なら、重要事項説明書は訂正できます。

訂正も取引士の印で対応できます。

不安な時はスマホで音声録音しておけば説明義務の疎明になります。

仕事に対する考えや方法は個人個人で違いますが宅地建物取引業者の本来の業務は「不動産の安全で円滑な取引」と考えております('ω')ノ

売ることや保身に注意がいきすぎると本質を見失います。



GW休みにゆるーく、不動産業の原点に回帰して考えてみようと思います('ω')ノ


記 山田竜嗣


前回のブログはこちらをクリック!!