eスポーツ('ω')ノ  2018/6/12

こんにちは!
格ゲー好きの営業の山田です。

ゲームがオリンピック競技になるだならないだ~賛否両論の記事を最近よく見かけますが、賛否に関わらず格闘ゲームが注目されてるのは、格ゲー歴30年の私としては嬉しく感じてます('ω')

記事を斜め読みすると、反対意見の多くは「ゲーム=遊び」の先入観から反対しているように感じます。


課金制ゲームは別として、最近の格闘ゲームはフレーム数で管理されてます。

ゲーム事に違いがありますが、1秒間40フレーム~60フレームで設定されております。

フレーム受付4フレームですと0.04秒間の入力スキルが要求されます!

トッププレイヤー達は他のスポーツと同様にハイレベルな状況でスキルを競いあっております!

なかなか、ゲームが身近でない方に理解してもらうには時間がかかりそうですが、認知度が高まり市場活性化すれば、いちファンとしてうれしい限りです('ω')ノ


記 山田竜嗣


前回のブログはこちらをクリック!!