インスペクション  2018/4/8

こんにちは!
営業の山田です。

今月より宅建業法の改正により、既存住宅に係る建物状況調査の説明等の義務付け等がなされました('ω')ノ

通称ホームインスペクションの斡旋ですね(-ω-)/


私の周囲では改正法施行前から、意見が大きく二つに分かれいる感じでした( ゜Д゜)

「インスペクションが定着化するから、早期に取り組みましょう!」
的なホームインスペクション推進派


「説明義務だけで定着しないから現状で対応しましょう!」
的な現状維持派

答えは一般的に定着するかしないかですので、予測はできても結論はでない机上の空論パターンです(-ω-)/


私の個人的な考えですが、ホームインスペクションの世間一般への定着はポータルサイト会社次第だと考えております(-ω-)/

不動産情報の発信力は個々の宅建業者や団体より、「スーモ」「アットホーム」「ホームズ」のような不動産情報発信サイトが圧倒的な発信力と求心力があります。

上記サイトは基本的にエンドユーザー様向けサイトです。

情報の発信に関しては不動産業者視点ではない為、一般ユーザーの求心力やトレンドを左右するのは上記サイト次第だと私は感じます。

トレンドに左右されすぎるのは良くないですが、ポータルサイトのお役立ち情報などで新しい情報を集めて、良いお住まい探しの材料として活かし行きましょう。

因みにブログでもいくつかご紹介していますが、久留米店のスタッフや協力業者様はインスペクション推進派で自主的な取り組みを、皆したおります(-ω-)/

その様子はコチラをクリック(-ω-)/



記 山田竜嗣


前回のブログはコチラをクリック!!