少し真面目な個人的考察 その11 2018/4/7

こんにちは!
営業の山田です。

久しぶりの「真面目な~」シリーズです。

今回は私がぼんやりとですが考えている事をあっぷいたします(-ω-)/

今回のテーマは「相続」です('ω')ノ

ふつーですね~って感じですが、ちょいと拝見していただければ幸いです(_ _)




まずは被相続人(亡くなられた方)になる方の平均寿命を日本人の平均寿命として考えます。

だいたい85歳位ですかね。


次にその方の相続人の平均年齢を考えましょう('ω')ノ

25歳位で出産と考えると60歳位になります。


そして平均寿命85歳から上記の相続人平均年齢60歳を差し引くと25年になります!

25年は300月です('ω')ノ

ここからは不動産取引の期間の話になりますが、相続絡みの不動産取引は通常より期間を要します('ω')ノ

相続人間の関係により1年超の長期化案件になる事もございます。

仮に売却依頼から残金決済まで6ヶ月かかるとして、依頼人である相続人の平均寿命で割ると

6ヶ月÷300ヶ月=0.02

2%
の確立で二次相続が取引中に発生す事になります( ゜Д゜)

相続人の人数が3人の場合、6%になり33件に1件は二次相続が発生します( ゜Д゜)!



っと単純確率で考えられる問題ではありませんが、高齢化社会の問題でもありますので遺産分割協議などでは、目先の相続財産による争続にならないようスムーズでスマートな相続手続きをしていきましょう('ω')ノ

因みに上記の数字はあくまで私の感覚数値です(-ω-)/

記 山田 竜嗣

前回のブログはコチラをクリック!