不動産スラング その3  2018/1/13

こんにちは!
営業の山田です!

不動産業界用語シリーズその3です!

以前(20年位前ですが…)流通業界でも変な業界用語がありました(-ω-)/
空の段ボールをパッキンと呼んでました。

まぁ~各業界いろいろですね~

それではアップします!

ブロック 

これは、以前ブログでご紹介した「囲い込み」の事です。
メディアでは「囲い込み」と良くニュースや記事になりますが、実際は皆、ブロックと言います。

詳しくはコチラをクリック!

ニコイチ ヨンコイチ

これは、民会賃貸アパートの2世帯1棟、4世帯1棟のアパートの事です。
比較的ファミリー層が多く住んでおり住宅購入検討者が住む割合が多いです。

アテブツ

この言葉は私は虫唾が走る位、嫌いな言葉です
これは、売りたい物件を案内する前に、それより条件の悪い物件を案内して、売りたい物件を良く見せて売るときの比較物件の事を言います。
建売を専門売買する会社が中古を一度見せて新築を案内したりします。
小細工ですね…
ど三流営業がよくしてますかね…

キメブツ

これは、営業が取引を纏めたい物件です。
上の項で説明した纏めたい物件の事です。
アテブツを見せてキメブツで纏めるという、ベタな営業方法です。

シタブツ

これは住みかえ物件、例えば自己所有マンションに住んでいて戸建てを買う時に、その自己所有マンションを売却する時、その売却する物件の事です。
住みかえのタイミングや残債と売却価格の兼ね合いが少しデリケートです。

まだまだありますので定期的にアップいたします!

それではまた!(-ω-)/

記 山田竜嗣

前回のブログはコチラをクリック!