ちょいと昔話 その3.5  2018/1/9

こんにちは!
営業の山田です。
今回は前回の話の補足の話をアップいたします!

前回の「チャイルドシート義務化」の時と、ほぼ同時期の話で2000年問題の時の話です。

簡単に内容を説明すると、システムが「99年12月1日」と入力していたものが、2000年になると「00年1月1日」を1900年と誤認してしまうかもと、1999年の年末は、その話題でテンヤワンヤでした。

カセットコンロ

前回と同じく販売の経緯が特に印象に残りました。

当時、同じく某中堅ホームセンターに勤務していた私は、1999年末に生活家電担当に担当変更されておりました。

当時、カセットコンロのボトム商品(そのカテゴリで最安値)が1,980円の商品でした。

1999年の11月末にその商品が、店舗どころか卸し業者ですら在庫が無くなりました( ゜Д゜)!!

しかも、2番目に安い2,980円のカセットコンロも同じ状況になり!!!

前回の「チャイルドシート」の件もあり、当時の私はメーカーから唯一在庫のあるカセットコンロ4,980円(ちょっと高い)を300個も発注してしまいました!!
「在庫!全部納品してください!!」って感じです。


因みに通常は一月に2~3個しか売れない商品です…

1999年12月前半までは、週に4~5個しか売れず、ヤバイよヤバイよとあわあわしてました(゜Д゜;)し

しかし、最後の一週間で完売しました!!Σ(・ω・ノ)ノ!

売り場には、カセットボンベ式タコ焼き機だけになりました!!


前回と同じように日本人は、ギリギリにならないと動かないのかと、当時20歳の私は感じました。

記 山田竜嗣

前回のブログはコチラをクリック!!

次のブログはコチラをクリック!